レディー

スタイルが変化している現代はコラーゲン入りサプリで潤い補充

健康食品として絶大な人気

ドリンク

健康食品には様々な飲食物がありますが、その中でも特に青汁は数十年にわたって人気を誇っています。代表的な青汁の素材としてはケール・大麦若葉・明日葉があり、第6の栄養素としても位置付けられる食物繊維が豊富です。最近では苦みのあるイメージの強い青汁に抹茶・乳酸菌・はちみつ等を加えた商品も売り出されています。甘みや飲みやすさを追求した事で青汁が苦手な若年層にも飲まれるようになりました。1つあたりの価格は20円〜100円ですが、大手食品会社や有名メーカーになると付加価値を付けているので高くなっています。他メーカーと差別化を図るためにシェーカーや食べるための青汁レシピを提供している会社もあり、オプション品の強化を行っています。

なぜ青汁に人気があるかというと、一番は日本人に不足がちな食物繊維をたくさん摂取できるからです。1包あたり1g〜2g程度を含んでいる商品が多く、ペットボトルの水に溶かせばわずか数秒で作れます。これをするだけで気軽且つ無理の無い範囲で野菜を摂取できるので、野菜不足になっている人にとても向いています。昼食がお弁当や外食であっても、ペットボトル入りの青汁を持って行けばすぐに飲めて栄養補給が出来ます。習慣化してしまえば便秘改善にもつながり、腸内環境改善・美肌にもなるので沢山飲みたい場合は定期購入がおすすめです。一人暮らしの若い男性には特に飲んでほしいのですが、これからの課題は野菜不足が顕著な若年層への普及方法と言えます。